ブレンド米を購入

最近購入したのはブレンド米です。
なんと10kgで2,500円というお安さです。
うちはお米の消費がとても多く、すぐにお米がなくなってしまうんです。
夫婦と小さい子供2人の4人家族で10kgなんて3週間もてばいい方です。
でもスーパーでお米といってもやっぱり10kg3,000円はしちゃうんです。
なるべく抑えたいとネットを検索していてブレンド米を見つけました。
ブランド米と比較するとやっぱり粒の大きさがバラバラだし劣りますが、上手に炊くと普通に美味しいんです。
私が購入した商品の口コミも良い口コミが多くて、実際食べてみても納得でした。
男の子が多い家庭なんかにもぴったりだと思います。
私が味音痴なのか正直ブレンド米とブランド米の区別はつきませんね。
まあ炊きたてのご飯しか食べないので、お弁当なんかに使うと違いが出てくるのかもしれませんが。
でも我が家は貧乏!
このブレンド米で十分だと思っています。
実際2人の子供もバクバク美味しそうにおかわりしながら食べてくれています。

私がパートしているとこの、若い学生のアルバイトがいるのですが、ご飯はよく食べに行くみたいで、アルバイトキャッシングが可能な消費者金融を利用してるみたいです。

銀行カードローンと総量規制について

最近、お金を借りるということで規制が生まれた事をご存じでしょうか。
消費者金融業者のテレビコマーシャルなどで知っている方も少なからずいらっしゃるかもしれません。
実はその規制ですが、総量規制というものになります。
総量規制はキャッシングをする時に多いにかかわってきてしまうこともあります。
注意をして対応しなければいけない事もありますので、どのようなものであるのかの確認はしておきましょう。

総量規制を簡単に説明すれば、年収の3分の1を超える借入はできなくなるというものです。
それ以上の借り入れが行われると自己破産などをしなければいけない方が出てきます。
毎月の利息額でもかなりのものになってしまうという事を判断されまして、そういった規制が生まれした。

しかし、総量規制ですが、実は総量規制対象外というものも存在しています。
実は銀行ですが、まさにその総量規制対象外です。
そちらからのローンやキャッシングなどは総量規制にかかわりがありません。
ですので、銀行からの借り入れについては、年収の3分の1以上を借り入れても問題はありません。

さらに、銀行にはフリーローンといわれるタイプのものもあります。
使途が自由なキャッシングができる銀行カードローンも損ザしています。
そん銀行カードローンにつきましても総量規制対象外です。
銀行カードローンですが、消費者金融のキャッシングと全く同じように使えるものですので、
それでも総量規制の対象範囲外ということはうれしい事になるかと思います。
確かに銀行カードローンの場合には、大きな金額を借入れすることが可能です。
総量規制についてはあまり気にしないで借り入れできるのはうれしい存在です。

ただ、消費者金融業者につきましても、一部については総量規制の対象は苦いになるという考え方があります。
それは50万円までの借り入れです。
50万円までの利用限度額については、消費者業者では借入れの審査で収入証明が必要ありません。
そのような仕組みになっている部分も覚えておくと良いでしょう。

借り換えのメリットについて

現在、他の金融機関から融資を受けていてより好条件の金融機関へ借り換えを希望される方も居ると思います。

借り換えローンを行う事でより好条件の金融機関で融資を受けることが出来るので、メリットは沢山あります。

まず、借り換えローンを行う事で得られるメリットのひとつに総返済額の減額があります。

金融機関で融資を受けると金額や金利によって利息が発生します。

基本的に金額や金利が高いほど、より多くの利息が発生するので総返済額は増えますが、借り換えローンは、融資限度額の上限や低金利を目的に利用される事が多いので、融資限度額が増える事でより使い道が広がりますし、低金利である事で利息が低くなるので、総返済額も減ると言うわけです。

総返済額が減ると言う事は、今まで支払っていたお金を利息分浮く事になるので、それを返済に充てるのも良いですし、その他の使い道に充てる事も可能となります。

また、総返済額が減ると言う事は、毎月一定の額を返済する場合、その金額が減る事にもなります。

借り換えローンなどのキャッシングのお申込みをご希望の方はこちら⇒キャッシング申込